HotBiz8の魅力

データの暗号化通信

グループウェア HotBiz は通信データの盗聴対策として暗号化通信(SSL)を標準で導入しています。
SSLに対応したスマートフォンなどのモバイル機器からも、安心してご利用いただけます。

暗号化通信(SSL)とは?

SSL

「https:」で始まるサイトにアクセスした場合。
Webブラウザーに鍵のマークが表示されます。

SSLはWebサーバーとWebブラウザー間のやり取りを暗号化し、通信内容を判読不能にする暗号通信プロトコルです。
サイトのアドレス(URL)が「https:」で始まっていれば、そのサイト全体が暗号化されていることを示し、大切な情報を安全に送受信します。

SSLの重要な役割

SSL

WebサーバーとWebブラウザーの間は、HTTP というプロトコルによって通信が行われています。この HTTP はセキュリティ機能を持っていないため、悪意のある第三者がいた場合に、個人情報などの重要な情報を盗み見られてしまう危険性があります。

そこで、WebサーバーとWebブラウザーの間の情報を、安全にやりとりできる信頼できる仕組みである、暗号化通信(SSL)が必要となります。

HotBizにアクセスしている間は、HotBizサーバーとお客様のWebブラウザーにて暗号化通信の処理が、自動的に行われているため、特別なアプリケーションや操作は一切不要です。

権限によるセキュリティ

HotBiz は責務や役割に応じたアクセス権限により利用者の環境を整え、社外秘や非公開などの重要な情報を含んだデータのセキュリティコントロールを可能にしています。

柔軟な権限の設定

権限の設定対象

HotBizは、企業、各種学校、各種組合、団体、スモールオフィスのネットワーク等々、様々な組織・形態での運用に適しています。
また、企業の牽制制度に対応しています。

牽制制度に対応

詳細なアクセス権限

詳細な権限設定(メンバー単位)
詳細な権限設定(グループ単位)

HotBizでは 「データ閲覧」 「データ書込み」 「データ削除」 等の操作に対して、メンバー、またはグループごとにアクセス権限を設定することができます。

権限なし
基本的に閲覧できません。
一般社員に非公開の役員専用会議室などで利用します。
読込権限
本人以外のメンバーが登録したデータを閲覧できます。
書込みや削除はできません。
書込権限
各機能において、データの書込み、閲覧、削除ができます。
他のメンバーが登録したデータは削除できません。
全権限
各機能、各メンバーに対して書込み、削除ができます。
管理者など特別な権限を持つメンバーに設定します。

このようにHotBizへアクセスできる範囲を細かく設定しておくことで、メンバーやグループの行動範囲が明確になり、共有する情報をコントロールすることができます。

※ 初期状態では権限を使用しない設定としています。

毎日を同じ状態で、安心してご利用いただけます

お客様の日常的な業務において、HotBiz を毎日安心して利用していただくために、ASPのプロフェッショナルとして、細心の注意を払ってデータをお預かりしています。

信頼の回線環境

回線

HotBizのインターネット接続回線には、信頼性と品質の高い KDDI 通信網を採用しています。

  • 安定した通信状況を確保しています。
  • 冗長構成バックボーンで耐障害性が高く、お客様のご利用環境の向上と信頼性に配慮した仕様です。

安心の専用サーバーシステム

24時間サーバーシステム

専用サーバーシステムを用意し、非常時に備えて以下のシステムで運用しています。

  • 24時間365日の監視体制
  • RAIDによる常時バックアップに加え、大容量テープ
    ストリーマーによる1日1回のデータバックアップ
  • 無停電電源装置と自家発電機による停電時の電力供給
  • 予備サーバを常に準備。障害時の交換もスムーズです。

もしもの時にデータ復元サービス

バックアップ

「重要なデータを削除してしまった!」などの緊急の事態に対応するために、HotBizでは「データ復元サービス」を行っています。
バックアップしているデータの中から、復元可能な最新のデータを、お客様の HotBiz へ戻すことができます。

※ データ復元サービスについて

  • 1回のご依頼につき、料金が3,000円(税抜)かかります。
  • 復元の際は、すべてのデータをお戻しします。
    個別データの復元は行えませんので、ご依頼内容によっては、ご希望に添えない場合もございます。
  • 復元の際は、現在のデータに対し、すべて上書きとなります。
    このため、お戻しするバックアップデータの日時が最新となり、この日時以降のデータは消去されます。
    事前にご確認されたうえで、復元サービスをご依頼ください。
  • 復元サービスのご依頼は、「契約者管理メニュー」 より承ります。
    アクセスにはユーザー名とパスワードが必要です。
    契約者管理メニューについて
ページトップへ